シックハウス症候群に注意したい新居

アレルギーなどに敏感な方はシックハウス症候群という言葉をご存知だと思います。新築や改装などで建築用材に使われる接着剤や塗料などによる影響で体調不良が起こる現象です。

 

建築工事に関してはこれらは法律で基準値などが定まっていてそれらの基準が守られたものが使われていて基本的には問題ないことになっています。中にはそれよりも厳しい基準で設定して建築し、それをセールスポイントにしている住宅メーカーなども存在します。

 

しかし、基準値が守られたものでもシックハウスの症状が出てしまう場合もあります。新築だけでなく、リフォームの改装などでも新しくなる部分で新しい材料を使って工事するためにシックハウスの可能性はあります。

 

敏感な方はより体に優しいものを使って工事がなされているかを確認しておいたほうがいいと思います。また、接着剤など時間が経てば乾燥したり、状態が安定して症状が治まる場合もあり、すぐに入居するよりも少し時間をとって入居するのも対策のひとつともいえます。