中古物件のリフォームの肝は「配管」

中古物件のリフォームで腹がたつのが「配管リフォーム」です。まあ勝手に腹が立たれても不動産屋も元の家主も困るというものでしょうけれど。しかし、リフォームする側の新オーナーとましては、「見えないところに多大にお金がかかるリフォーム」はやっぱり納得がいかない部分が大きいのですよね。

 

中古物件を売るために、フローリングや壁紙のリフォームを行なっていることは、今では「常識」的なところがあるじゃないですか。やっていて珍しくないぐらいな感じで。そして、表面がリフォームされていることによって、その中古住宅に対して魅力を感じて、そして買いたくもなるというものです。

 

「見た目がキレイな中古物件」にして売るということは、今では当たり前のことですから。   しかし、配管に関してはノータッチだったりするのですよね。見えない部分ですから気がつかないのですが、しかし生活をしはじめるとものすごく下水から臭ってきたりします。

 

配管は結構な配管の傷み具合だったりで。そして配管リフォーム必須になったりするのです。それが中古住宅購入にて、納得いかない点でした。