注文住宅は理想の家だが手間と時間がかかる

注文住宅を建てるのは家を建てる時の基本ではありますが建売と異なって色々と面倒なことも克服しなければなりません。

 

少なくとも設計士や工務店さんと位置合わせをする前に自分で有る程度の構想を考え、其れに基づいて間取りの概略図なんかを描きながら土地や環境に対してどのような家を建てるかということが大事になります。

 

例えば、基本的なことでは、家そのものの建物の様式をどうするか、古来からの純日本的な和風にするとか、それとも最近流行りの洋式タイプのモダンな建築にするのか、他にも構造的な面で最近では地震も頻発しているので耐震性のある鉄骨造りにするとか。

 

其れによって間取りの具合なども変わってきます。   ある程度の構想ができたら、具体的な基本設計は設計屋さんとか工務店などの話し合いをすすめて、此の話を詰めてヤット設計図が出来上がりこの時点で建物の価格なんかが決まってくるのです。

 

此のように、注文住宅は本人や家族達の希望や意思が反映されるが意外と手間と時間が掛かるものです。 それに応じて費用もかかるでしょう。   注文住宅の場合は焦ることなくゆっくり時間をかけて関係者や専門家と充分話し合いながら進めることでしょう。