住宅を購入済の資金の考え方

今の日本で住宅を購入するとなれば年収の5倍が相場と言われています。 しかし、実態としてはそれをうのみにしては失敗することになります。 あくまでも一般的な話であり例えば、子供にかける資金はそれぞれの家庭によっても違います

 

小学校から大学まで国公立の場合、逆にすべてを私立で通うことになる場合では 資金面で一千万円以上の差が出てきます。

 

また親の介護や、仕事による転居の関係もあれば備えておくべき資金にも変化は出てきます。 お勧めしたいのは、有料であれ無料でファイナンシャルプランナーなどに 事前に相談をして中期的、長期的な人生のプランを立ててみることです。

 

もちろん2年、 3年ごとにこのプランを見直す必要ありますが、 人生で必要な資金と住宅にませる資金などのてるとかを見極めるためには必要な過程だと思います。 こうして、自分なりの人生設計をマネーの側面からしっかり考えておけば住宅購入の際の参考になります。